後遺症慰謝料の金額について

後遺障害が残った場合、後遺症慰謝料の損害賠償を請求できます。

 その金額は1級~14級までの各等級に応じて次のように裁判所基準(赤い本)、自賠責基準が決まっています。任意保険会社は、一般的に自賠責基準から多少上乗せした程度の金額を提示してくることが多く、裁判所基準(赤い本)とは大きな差があります。

後遺障害等級

裁判所基準

自賠責基準

第1級

2800万円

1100万円

第2級

2370万円

958万円

第3級

1990万円

829万円

第4級

1670万円

712万円

第5級

1400万円

599万円

第6級

1180万円

498万円

第7級

1000万円

409万円

第8級

830万円

324万円

第9級

690万円

245万円

第10級

550万円

187万円

第11級

420万円

135万円

第12級

290万円

93万円

第13級

180万円

57万円

第14級

110万円

32万円

※介護を要する場合には自賠責基準の第1級は1600万円、第2級は1163万円

※裁判所基準は、一応の目安であり事故状況、加害者の対応等により金額が変動します。

交通事故無料相談

Copyright© 2012 町田総合法律事務所 All Rights Reserved.