後遺障害の逸失利益について

後遺障害の逸失利益とは

後遺障害を負ったことによって事故前の労働ができなくなり収入が減少するために失われた利益のことです。

逸失利益の計算方法   

逸失利益は、交通事故時の年収(基礎収入)に、後遺障害により労働ができなくなる割合(労働能力喪失率)とその継続期間(労働能力喪失期間)をかけて算出します。  

逸失利益=基礎収入×労働能力喪失率×労働能力喪失期間に対応するライプニッツ係数

交通事故無料相談

Copyright© 2012 町田総合法律事務所 All Rights Reserved.