弁護士費用特約

交通事故の示談交渉を弁護士に依頼する場合、弁護士にかかる着手金等の費用負担を考えて、ご依頼をためらうケースはよく見受けられます。

そのような場合、ご自身または同居のご家族契約の自動車保険に「弁護士費用特約」が付いているか確認してみてください。弁護士費用特約を利用すれば、通常300万円の範囲内で保険会社が弁護士費用を支払うため、その範囲内ならご依頼者様のご負担はありません。

弁護士費用特約は、契約によって人身事故でしか利用できない場合と、人身・物損どちらでも利用できる場合があります。また、こちらが自転車に乗っていたり、歩行者だったりした時の事故でも、この弁護士費用特約が使えることもありますので、ご自身の加入されている保険の契約内容をご確認下さい。

なお、その場合の弁護士費用は、当事務所一般民事事件の場合に準拠します。

 

「自分に過失がない場合、保険会社は交渉を代行してくれません。」

交通事故の当事者となった場合、その示談交渉を保険会社が代行しますが、ご自身に過失がまったくない場合、保険会社は示談交渉してくれません。

ですから、信号停車中に後ろからぶつけられたという「もらい事故」のように相手方に100%過失がある場合の示談交渉は、被害者本人が、相手方の保険会社、加害者本人、または加害者代理人弁護士と交渉することになります。

こういった時に、弁護士費用特約を利用すると、被害者に代わって、選任した弁護士が相手方と交渉することが可能です。この場合の費用を保険会社が出してくれます。

交通事故無料相談

Copyright© 2012 町田総合法律事務所 All Rights Reserved.